土地探しのポイント①

家づくりにおいて、土地探しは重要です。
建て替えの場合や親から譲り受けた土地があるとかの場合を除き、まず建物を建てる土地を探さなければなりません。
しかし、土地を探すことは、簡単ではありません。
法的な知識も必要ですし、気力・体力を使いながら根気強く探さなければなりません。
ただ、根気強く探していれば、自分に合った土地が必ず見つけられるという保証はなく、タイミングや運にも左右されます。
㈱神戸住まいるネットは、不動産仲介業者として、土地探しのお手伝いをするにあたり、注文住宅という家づくりを前提とした後悔しない土地探しのポイントについて経験を基にお伝えしたいと思います。
土地探しは簡単ではありませんが、いくつかのポイントをおさえておけば、土地購入に関する様々なトラブルを回避でき、結果として希望にあった土地を選ぶことができる可能性が高まります。

土地探しの前に整理すべき重要なこと
家族の新しい生活を具体的にイメージし、土地に求める希望条件を整理するということです。
新しい土地、新しい家で家族はどんな暮らしをしたいのか、そしてその暮らしを実現するために、土地や家に何を求めるのかを家族会議で整理しておくことが重要なのです。

土地に求める希望条件をできるだけ挙げて、優先順位を付けておくことが必要です。
実際に、土地探しを始めると、多くの情報が入ってきて、知識と相場感は身に付きますが、意外とずっと曖昧なままにしておきがちなのが、希望条件の優先順位です。

土地を探すことは、相当なエネルギーを使います。
積極的に行動していても希望の土地はなかなか探し出せないものです。数か月で見つかった場合、運が良いと言えるでしょう。半年から1年くらい探している人は普通ですし、1年以上探している方も多くいます。それだけ、自分の希望に合った土地を探し出すのは難しいと言えます。

当然のことながら、希望条件がすべて揃った土地を探し出すことはできないので、どこかで妥協することも大切です。
かなり長く土地探しをしていると疲れてきて冷静な判断ができずに、本来は優先順位の高い希望条件を安易に妥協し、契約してしまってから後悔する、最悪のケースになりかねません。

人は物事を判断する時、最終的にはその人の価値観で行われます。
その価値観において、優先順位を明確にしておいて、ぶれないことが重要です。
土地に求める希望については、土地の広さ、通勤時間、駅からの便、周囲の環境、地盤などいろいろとあると思いますが、人それぞれ優先順位は異なりますから、家族総意の優先順位を明確にしておく必要があります。この優先順位はとても重要ですから、家族とよく話し合って決めるべきです。あまり多すぎても、判断しにくくなりますから、これだけはゆずれないという要望を3つくらいに絞っておくといいでしょう。それ以外は、あったら更に嬉しい希望としておくべきだと思います。

優先順位が明確になっていれば、いざそれらに合った土地が出てきた時に、すばやく適正な判断ができます。明確になっていないと、判断が遅れて迷ってしまい、他の人に先に契約されてしまったり、本当は高い優先順位の条件まで妥協してしまって、なんとなく契約してしまうことになりかねません。
また、優先順位を明確にしておくことに加えて、土地探しは最初から長くかかるものだという認識のもと、焦らないで冷静な判断力を保ち続けることが必要です。

前述のように、土地探しは長期戦になることが多いので、最初から長期戦覚悟で取り組みたいものです。期間に余裕がないと、焦りが生まれます。焦りは冷静な判断力を奪います。土地探しは期間や気持ちに余裕がないと、負の連鎖が生まれますから、なるべく計画的に長期戦覚悟で臨むようにしましょう。