土地探し

土地探し時の不動産業者選び

土地探しは、自分で探す方法もありますが、情報量に限界がありますし、実際に契約となると専門的な知識が必要となります。そのため、宅地建物取引業者(不動産業者)に売主様との仲介をしてもらうことが圧倒的に多いのが現状だと思います。
こうした不動産業者に仲介してもらうと、契約に至れば仲介手数料を支払うことになります。
仲介手数料の金額については、宅建業法で以下の通り上限が定められています。
売買金額×3%+6万円+消費税
(売買金額400万円超の場合ですが神戸市東灘・灘・中央区で400万円以下の土地は殆ど無い為、簡易的に記載)
通常はこの計算式による算出金額を請求されることになります。
仲介手数料にみあった価値を提供してほしいと思いますが、残念ながら本当に親身になって探してくれる業者さんはそれほど多くないかもしれません。
いずれにしても、殆どの場合、不動産業者の仲介で売買契約をするしかないわけです。
不動産業者や営業マンにもいろいろなタイプがありますので、次項をご参考頂ければ幸いです。

大手不動産業者(フランチャイズ系の業者含む)

大手不動産業者ですが、大手といってもフランチャイズ系(センチェリー21、三井のリハウス など)が意外と多く、地場の不動産業者が看板代等を支払って営業している場合もあります。
ただ、売主優先のところもあり、購入者が期待する、熱心な応対ではないこともままあります。
大手不動産業者は、規模や知名度で安心感があり、情報量が豊富ではあります。

町の小さな不動産業者

町の小さな不動産業者は、とっつきにくいところもありますが、コミュニケーションがうまくとれれば、親切に対応してくれることが多いようです。
地域限定で土地探しをされるのであれば、こうした不動産業者にも声をかけておく必要があります。
地場の不動産業者は、長年の近所付合いや近隣不動産の管理業務などから、これはと思える売却不動産を取り扱うことがあるからです。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、表向き「土地もいっしょに探しましょう」とか言ってくれますが、基本的には家(建物)の契約を取るためのサービスの一貫なので、おざなりの対応のところも多いと思います。
ただ、建物はこのハウスメーカーでと決められている場合は、声をかけておくべきです。
他業者からの土地情報であっても、建築プランの対応などは、不動産仲介業者と異なるからです。

地域密着の不動産営業マン

地域限定で活動する不動産営業マンは、生き残りが厳しいので、一番熱心に営業してくることが多いと思います。
ただ、その熱心さが購入者にはしつこいと感じさせるかもあるかもしれません。
真剣に探してくれる不動産営業マンは、希望条件に近い不動産情報しか提供しませんので、逆に熱心さを感じないかもしれません。
意思疎通の図れる不動産営業マンを見つけましょう!!

不動産業者・不動産営業マンには色々な特徴があります。
情報を得るために声をかける不動産仲介業者は多ければ良いかというとそうではありません。(もちろんある程度は必要です。)
その理由は、まず声をかけた不動産業者の数に比例して情報が集まるわけではないこと、その理由は不動産業者の規模に関係なく、不動産の情報がある程度共有されている為です。
共有された新規情報を声をかけた不動産業者からかわるがわる連絡を受けたりすると神経が疲れませんか?

長々と書き綴りましたが、生理的に合わない不動産業者や不動産営業マンは別として、ホームページなどで会社情報やスタッフ情報、他をある程度調べたうえで訪問した不動産会社の営業マンであるならば、ある程度信頼して土地探しを依頼してみては如何ですか?

人格が異なれば感覚が違う為、初対面で意思疎通を図るのは難しいものです。
それゆえに2度目もしくは3度目の相談時は印象が異なるかも?

初回相談ですべての希望条件を把握できる不動産営業マンはいません。
不動産営業マンに任せっきりではなく、お客様からも連絡を取り合って、意思疎通を図れば希望条件に合った土地が早く見つかるかもしれません。

最後までお読み頂いたお客様、是非(株)神戸住まいるネットにご依頼下さい。
TEL0120-078-213(フリーダイヤル神戸の不動産)
TEL078-272-1200(フリーダイヤル圏外の方)