お役立ち情報

不動産(仲介物件)購入の流れ

ステップ1 不動産探しの前に家族会議

住みたい地域、住宅の種類(戸建・マンション・土地・?)、広さや間取り、向き、入居したい時期などの 希望条件を整理 しておきましょう。 預貯金の額 (自己資金) や住宅ローンの毎月返済可能額などを確認して、予算の目安を立てましょう。
ステップ2 信頼できる営業マンとの出会い

不動産(戸建・マンション・土地・?)を買うには、信頼できる不動産営業マンとの出会いが大切です。不動産会社の特徴を調べて、住まい(不動産)探しを依頼する不動産会社を選びます。選んだ不動産会社に希望条件を伝え、それに合った不動産を紹介してもらいます。その他、自分でインターネット検索や不動産広告などから不動産情報を集めることもできます。
ステップ3 不動産見学 (営業マンに案内依頼)

気に入った不動産(戸建・マンション・土地・?)が見つかったら、担当営業マンに依頼し実際に現地を見学しましょう。購入したい不動産(戸建・マンション・土地・?)が見つかったら、再度、その不動産の周辺環境や間取り、設備、購入条件などを確認します。

不動産探しと並行して、資金計画を具体化しましょう。不動産の購入資金以外に必要となる諸費用や、住宅ローンの金利、毎月の返済額などについても試算しておきましょう。
ステップ4 購入申込!! ローン審査を忘れずに!!

購入したい不動産(戸建・マンション・土地・?)と希望条件を決めたら、不動産会社を通して売主様へ購入申込をします。不動産購入申込は、書面で行うのが一般的です。

同時期に並行して住宅ローンの事前審査を行います。お客様が利用する融資条件がわかります。
ステップ5 重要事項説明 売買契約 媒介契約

不動産会社の宅地建物取引士から、購入不動産に関する重要事項の説明を受けます。売買契約締結前のこの時に疑問点は出来る限り質問し解消されることをお勧めします。

重要事項説明の内容を確認して納得できたら、売主様と売買契約を結びます。この時、一般的には不動産売買金額の5~10%程度の手付金(契約金)を支払います。売買契約を結ぶに当たって、しっかり契約内容を確認しましょう。

不動産会社とも売買の仲介に関する、媒介契約を結びます。ご契約時(購入不動産の売買契約時)に結ぶのが一般的です。この契約には、対象となる不動産や、仲介業務のサービス内容、不動産会社の仲介手数料などが記載されます。
ステップ6 ローン本申込 他の準備も忘れずに!!

売買契約締結後、住宅ローンの正式申込をし本承認後に金融機関と金銭消費貸借契約を結びます。新築をご購入の場合は、同時期に建物表示登記等の手続きが必要となります。また、火災保険や引越し業者を決定しましょう。
ステップ7 決済 (残代金支払と引渡・鍵受領)

引き渡しの準備が整ったら、残りの代金を支払います。同時に、売主様から不動産の引渡を受けて、司法書士立会のうえで不動産の登記手続きを行います。その後、引越して入居となります。

一般的な不動産購入の流れですが、ご参考頂ければ幸いです。契約条件等による異なる流れや新築購入時の定期点検などについては、㈱神戸住まいるネット担当営業マンにお尋ね下さい。